ElectroMotion ESL X

誠文堂真光社「無線と実験」誌 主催の

テクノロジー・オブ・ザ・イヤー 2020

スピーカー部門で入賞しました。

生まれ変わった伝説

ElectroMotion ESL Xは、大型のXStat™静電トランスデューサーを備えています。

二つの20.3㎝のロング・ストローク・ウーファーは、驚くほどコンパクトなエンクロージャーの中で、

非共鳴な非対称バスレフ・チャンバーに収容されています。

ウーファーは、カスタム設計された高剛性コーン型を採用しています。

ElectroMotion ESL X

ElectroMotion ESL X(EM-ESL X)は、より大きなパワーハンドリングの静電トランスデューサーとデュアルウーファーを備えています。 ElectroMotionシリーズの主力モデルとして、Xは価格対性能の新しいベンチマークを確立します。

ElectroMotion ESL Xは、大型のXStat™静電トランスデューサーを備えています。 二つの20.3㎝のロング・ストローク・ウーファーは、驚くほどコンパクトなエンクロージャーの中で、非共鳴な非対称バスレフ・チャンバーに収容されています。 ウーファーは、カスタム設計された高剛性コーンを採用しています。 EM-ESL Xのコンポーネントは、カスタム巻きトランス、空芯コイル、大型スチールラミネートコイル、ポリエステル、低DF電解コンデンサーなど、マーティン・ローガンの上級モデルの多くに使用されるパーツの設計と性能を再現しています。 カスタム・5ウェイバイワイヤー対応スピーカー端子は、確実なケーブル接続を可能にします。 周波数特性は41〜22,000 Hz±3db、 推奨されるアンプの出力は、チャンネルあたり20〜400W 、インピーダンスは6Ω(20 kHzで1.6Ω)です。

ElectroMotionシリーズ用に独自のXStat™トランスデューサーを開発し、静電パネルのスチール製ステーターのゲージ厚を薄くしました。 ゲージ厚の減少はパネルのパフォーマンスを変えることはありません。 しかしながらその副産物として、パネルの視覚的透明度を増加させました。 EM-ESL XのXStatパネルは視覚的に透明なので、リスニング時はその存在感を消します。

CLS™XStatトランスデューサー

マーティン・ローガン独自の画期的な技術の1つであるCLS™(Curvilinear Line Source)技術は、当社が製造したすべての静電型スピーカーに欠かせない要素です。ElectroMotionESL Xも例外ではありません。 独自の製造方法により、静電パネルを円筒形にすることができます。 それらの穏やかな水平方向の曲面は、全体的な音質や信頼性を犠牲にすることなく、広い放射面から良好な高域分散を得るという問題を解決します。

ElectroMotion ESL Xのもう1つの重要な特性は、その自然の双極性放射パターンです。

真のダイポール、EM-ESL Xは振動板の前面と背面から等しい強度で音を放射しますが、出力は逆位相です。 その結果、側面に向かう音波はスピーカーの端で集まり、打ち消します。 ElectroMotion ESL Xの比較的大きいサイズの静電パネルは、側面の出力が従来のスピーカーに比べてローレベルです。これは、音の細部とステレオイメージを混乱させる傾向がある側壁反射を最小にします。 側面への出力の減少は、静電スピーカーの大きなアドバンテージですが、スピーカーの後ろの壁から反射されたエネルギーは。音の広がりと深みを与えます。

優れた低域との融合

ElectroMotion ESL Xは、高域および中域の静電パネルからの音声出力を低域のデュアル・ウーファー・システムにシームレスに繋げるために、カスタム空芯コイルと低DCRスチールラミネートコイル、ポリエステルフィルムコンデンサーを採用した独自のVojtko™位相フィルターを備えています 直列に接続し、低DF電解コンデンサーを並列に接続します。

EM-ESL Xは、マーティン・ローガンによってカスタム設計されたデュアル20.3㎝オーディオファイルグレードのドープド・ファイバー・コーン・ウーファーを備えています。 この効率的なウーファーデザインは、コーンのサスペンションと磁束フィールドを最適化して、低歪みで大きな低音出力を生み出します。 強固で軽量なカスタムウーファーの振動板は、コーンのたわみをなくし、応答時間を最小にして、マーティン・ローガンのより大きく、高価な静電型スピーカー上位モデルに近いレベルの性能を達成します。

接続端子と選択可能な設置

カスタム・5ウェイ・バイワイヤー対応スピーカー端子は、確実なケーブル接続を可能にします。 EM-ESL Xには、頑丈な3 / 8-16 ETC™スパイクが付属しています。これを使用すると、垂直方向を微調整し、厚いカーペットでの安定性を高め、スピーカーとフロアのカップリングが強固になることで、 低音のパフォーマンスが向上します。 スパイクを使用したくない場合は、各スパイクを付属のゴム製エンドキャップで覆ってください。

Gallery

仕様

     
周波数特性: 41–22,000 Hz ±3dB
推奨アンプ出力: 20-400 W/ch
水平指向性: 30°
垂直指向性: 101.6cm ラインソース
感度: 91 dB/2.83 V/m
インピーダンス: 6 Ω  1.6Ω @ 20kHz
クロスオーバー周波数: 400Hz
使用ユニット: XStat™ CLS™ 静電パネル パネル寸法: 102 x 22cm
放射エリア: 2,244 cm² 
2xφ20.3 cm コーン型
スピーカー端子: カスタムメイド 5-way バイワイヤー対応スピーカー端子
質量: 23.6 kg
寸法: 150.3cm x 23.8cm x 52.6cm
 

レビュー

Feb. 2020、http://bit.ly/2z0ZVnD

[YouTube] Martin Logan ESL X, ESL C, & Dynamo 1600X Electrostatic Speaker Review

Aug. 2019、http://bit.ly/30MUrta

[YouTube] Martin Logan ESLX, ESL C, Dynamo 1600X Unboxing & Overview

June 2019、http://bit.ly/2XGMKWY

[YouTube] Martin Logan ElectroMotion ESL X Review | SONIC EXCELLENCE!

Aug. 2018、http://bit.ly/2PovvTe

ESL-Xで再生すれば、批判的に聴いていることを忘れさせてくれるような、ハイレベルな楽しさを提供してくれると思います。 ESL-Xの音量を上げれば、アンガス・ヤングのように頭を振ったり、ニール・ヤングのように足を踏み鳴らしたりしたくなるでしょう– Robert Archer

Apr. 2017、http://bit.ly/2uzbwWu

私にとって、このElectroMotion ESL Xスピーカーシステムの試聴は、家に帰るようなものでした。 MartinLoganの中では手頃な価格のESLタワーは、私が愛してやまないディテールで生き生きとしたサウンドを提供し、Dynamo 1500Xサブウーファーのソリッドな低音によって、以前のMartinLogan愛好家時代には経験したことのないダイナミックな高みに到達することができました。– Al Griffin

Apr. 2017、http://bit.ly/2vczpH3

MartinLoganは、このスピーカーで本当に成功したと思います。他の静電型スピーカーと同様に、音の明瞭度が高く、鮮やかなミッドレンジを持っています。さらにEM-ESL Xはダイナミックな表現力を向上させています。これは、指向性とステージングの質の向上とともに、フロア型スピーカーを必要とするあらゆるシステムにとって非常に価値のある製品であることを意味しています。– Jim Clements

Apr. 2017、http://bit.ly/2J9ZBuM

スピーカーは実際にそこにあることを忘れるさせてくれる機会を与えてくれました。静電タワーブロックからのこのような大きな垂直音場があると、コンサートホールと同じように大きな垂直サウンドステージが形成されました。– Janine Elliot

©︎ Copyrights PDN Inc. All rights reserved.

MartinLogan

Our Technologies

静電技術の進歩

静電型理論

Masterpiece series

NeolithCassic ESL 9

ElectroMotion series

ESL X

FAQ

Bluesound

Wireless Speaker

PULSE FLEX 2i

PULSE MINI 2i

PULSE 2iBP100

Wireless Stereo
Component

NODE 2i | VAULT 2i

POWERNODE 2i

RC1FAQ

マーティン・ローガン独自の画期的な技術の1つであるCLS™(Curvilinear Line Source)技術は、当社が製造したすべての静電型スピーカーに欠かせない要素です。ElectroMotionESL Xも例外ではありません。 独自の製造方法により、静電パネルを円筒形にすることができます。 それらの穏やかな水平方向の曲面は、全体的な音質や信頼性を犠牲にすることなく、広い放射面から良好な高域分散を得るという問題を解決します。

ElectroMotion ESL Xは、高域および中域の静電パネルからの音声出力を低域のデュアル・ウーファー・システムにシームレスに繋げるために、カスタム空芯コイルと低DCRスチールラミネートコイル、ポリエステルフィルムコンデンサーを採用した独自のVojtko™位相フィルターを備えています 直列に接続し、低DF電解コンデンサーを並列に接続します。

カスタム・5ウェイ・バイワイヤー対応スピーカー端子は、確実なケーブル接続を可能にします。 EM-ESL Xには、頑丈な3 / 8-16 ETC™スパイクが付属しています。これを使用すると、垂直方向を微調整し、厚いカーペットでの安定性を高め、スピーカーとフロアのカップリングが強固になることで、 低音のパフォーマンスが向上します。 スパイクを使用したくない場合は、各スパイクを付属のゴム製エンドキャップで覆ってください。

生まれ変わった伝説

ElectroMotion ESL Xは、大型のXStat™静電トランスデューサを備えています。

二つの20.3㎝のロングクロストーク・ウーファーは、驚くほどコンパクトなエンクロージャーの中で、非共鳴な非対称バスレフ・チャンバーに収容されています。

ウーファーは、カスタム設計された高剛性コーン型を採用しています。