Impression ESL 11A

Impression ESL 11A

驚異のパフォーマンス

ImpressionESL 11A は、オーディオと耳の間に何もない状態で、パフォーマンス の純粋な感動を明らかにします。28センチ CLS ™ XStat ™ 静電トランスデューサー、デュアル 20.3センチ PoweredForce Forward ™ ウーファー、デュアル 275W クラス Dアンプを搭載し、24ビット Vojtko ™ DSP エンジンと ARC ™ Anthem Room Correction )で制御されています。

Impression ESL 11A

スピーカーのゴール は、そのオーディオ性能の中に消えることです。スピーカーの効果を取り除くと、オーディオと耳の間に何もない状態で、演奏の純粋な感情的インパクトが現れます。

印象派の傑作は、芸術と感情の間の障壁を取り除き、即時性と動きに重点を置いて芸術が触発する強烈な感情を 高めます 。 Impression ESL 11A は、前例のないレベルのオーディオの透明性とリアリズムでこの効果を実現します。

卓越したオーディオの臨場感

Impression ESL 11Aは、 Masterpieceシリーズの一つです。 ARC で研ぎ澄まされた 性能を持つデュアル 20.3 センチウーファーシステムを搭載し、完璧に調和した低域レスポンスを実現しています。このウーファーアレイと MartinLogan の特徴である 28センチ 幅 XStat CLS トランスデューサーを画期的に統合し、強力なデュアルアンプ部と組み合わせることで、表現力豊かでダイナミックなオーディオ体験を実現します。それは、純粋なオーディオの喜びを経験 することです。

MartinLoganの静電型スピーカーでおなじみの要素を見てみましょう:

先進のMicroPerf ステーター技術により、従来の同サイズの静電パネルに比べ、静電振動板の露出面を約 2 倍にすることができました。剛性の高い ClearSpar ™ スペーサーで強化された静電パネルは、美しいシースルーデザインを損なうことなく、真空吸着されたダイヤフラムに正確なレベルのテンションを維持します。さらに、新しい AirFrame ™ Blade 構造 の細長く尖った矢印のデザインが加わり、パネルとウーファー・キャビネットの間に調和のとれたつながりを生み出す、力強い構成となりました。

いくつかの抜本的な改良に注目してください:

Impression ESL 11A ウーファー部は、独自の画期的な設計に着想を得て、新たに275WのデュアルD 級アンプを搭載し、24 ビットVojtko™ DSP エンジンとARC™(AnthemRoom Correction)で制御されるように再設計しました。

レーザー加工された2 つの20.3 センチ低歪みアルミニウムコーンウーファーを独立した密閉型コンパクトチャンバーに搭載し、独自のPoweredForce Forward™バスアライメント技術により、後方に発射するウーファーとそのウーファー後方の壁との間の相互作用を制御しています。スマートな位相シフト設計により、壁がリスニングルームに跳ね返ってくる低音情報へ

の影響を最小限に抑えます。この均一な周波数特性により、リアルな低音効果を体感することができます。このように、MartinLogan の技術革新は、どのような部屋でもあなたのリスニング体験を向上させることができるのです。

自分の部屋で開発基準を実現する

ラボでは、MartinLogan のエンジニアが透明性を追求しています。ラボの外では、当社のエンジニアが説明できないワイルドカードが存在します。それは、あなたのリスニングルームです。

リスニングスペースのサイズと形状(およびその内容物のサイズと形状)によって、低音域が予測できない動きをすることがあり、スピーカーの全体的な性能に大きな影響を及ぼします。

静電型スピーカーでは初めて、独自のARC(Anthem Room Correction)技術を統合しました。ARC はESL パネルの出力に対して低域のカーブをコントロールし、MartinLogan のオーディオ試聴室と同等のパフォーマンスを体験することができます。

ARC は、部屋の低域出力を測定し、それを空間的な異常を考慮した最適なレスポンスカーブと比較することで、低域の音質を向上させます。ARC の高度なアルゴリズムがこの異常を効果的に除去し、理想的な基準である、リスニング空間にリアルに溶け込んだ自然な響きの低音パフォーマンスのみを残します。

Impression ESL 11A は、PoweredForce Forward ベーステクノロジーとARC による高度な室内補正機能、および静電パネルと低音部の独自の合成により、完璧に刻まれたイメージングとフォーカス、リアルなリスニングレベルでの最適な自然再生、オープンエアでの俊敏なフルレンジオペレーションを実現します。このような究極の性能こそが、単なる優秀機と真の名機を分けるものであることは明らかです。

新開発の超高剛性 AirFrame Blade 設計

Impression ESL 11A XStat パネルは、航空宇宙グレードの押出アルミニウム合金から精密に製造されたMartinLogan の再設計されたAirFrame Blade 構造を使ってスピーカーキャビネットに接合されています。この素材と独自の製造工程により、パネルの剛性は極めて高くなっています。

このAirFrame Blade レールシステムは、前面が狭く強固で、側面からは広く力強いという、大胆で前方へ向かうスタイリングで、モダンなデザインを表現しています。再生可能な表面積を妨げたり、パネルのダイポール音の放射パターンを邪魔することはありません。また、電気的・音響的に分離され、振動や共振によって生じる相互変調歪みを最小限に抑えます。流れる

ようなラインは、パネル本体とコンパクトなウーファーやアンプ部との画期的な一体感を強調しています。息をのむようなAirFrame Blade デザインは、イメージング、低レベルのディテール、正確さ、スピーカーの能率を向上させます。

CLS (Curvilinear Line Source) 静電パネル

CLS テクノロジーは、私たちが製造するすべての静電型スピーカーに不可欠な要素です。独自の製法により、パネルの水平方向の緩やかな曲率を組み込んでいます。このユニークなデザインは、全体の音質を損なうことなく、大きな放射面によって生み出される高域のディテールを向上させます。緩やかなモダンカーブとパンチングパターンが、ウーファー部のフラットなグリルにどのようにつながっているのか、ぜひご確認ください。

制御された分散放射音

スピーカーから聴く音は、直接放射と、部屋の壁、床、天井などの表面からの反射が組み合わせです。この情報を脳がどのように統合しているかは、決して単純ではありません。耳への入射角と直接音と反射音の到達時間差によって、反射音はディテールやステレオイメージをぼかすこともあれば、奥行きや開放感を自然に高めることもできます。

静電パネルは真のダイポールスピーカーであり、ほぼ理想的な制御された分散放射パターンを生成します。そのため、音の到達時間が短く、直接音の知覚を妨げがちな側壁の反射を最小限に抑えることができます。しかし、後方への放射が強いため、中高音域に自然でアンビエンス豊かな情報をたっぷりと生成します。

新開発 PoweredForce Forward™  ベーステクノロジー

PoweredForce Forward ベーステクノロジーは、MartinLogfan の2 つの革新的なオーディオ技術を組み合わせたものです。それは小型のエンクロージャーで大量の低音を正確に再生するPoweredForce と、パフォーマンスを阻害するフロントウォールの低音反射を大幅に低減するForceForward です。

PoweredForce Forward ベーステクノロジーは、位相のタイミングを合わせたウーファーと先進のクロスオーバートポロジーにより、破壊的な反射エネルギーを最小化します。前壁の低音反射を実質的に排除し、パネルと連動するPoweredForce Forward BassTechnology は、配置の柔軟性を高め、音源の真のオーディオリアリズムを向上させます。

未使用の空間をより良い低音に変える

Masterpiece シリーズのスピーカーキャビネットの奥行きは、PoweredForce とForceForward の両技術のメリットを最大限に引き出すように慎重に選ばれ、極めて詳細なディテールを持つパワフルな低音を提供します。Anthem Room Correction (ARC™)と組み合わせたこれらの高度な低音技術は、比類の無い低音域の精度を提供します。

Masterpiece シリーズのスピーカーキャビネットの寸法は、PoweredForce ウーファー・システムのウーファーとキャビネットの容積、アンプとの間に理想的な関係を構築します。ウーファーに十分な内部容積(ウーファー1 本につき2 つの密閉型エンクロージャー)を確保し、強力なアンプを搭載することで、パワードウーファーシステムを搭載したMasterpiece シリーズスピーカーは、低音のディテールを維持したまま、力強い低音域に到達することが可能です。

ForceForward の低音技術では、ウーファー同士が離れているほど、低音域の効果が大きくなります。MartinLogan のForceForward テクノロジーは、低音域の音波がスピーカーの後ろの壁に反射して、リスナーに向かってくる音波と相互作用するという(ほとんどすべてのスピーカーに見られる)問題を解決しました。このような相互作用により、低音域が耳に到達する際に非直線性が生じ、低音情報が相殺されたり、原音に忠実でない過剰な表現がなされたりするのです。Masterpiece シリーズのパワードスピーカーは、対向するウーファーからの出力の位相を選択的に調整することで、スピーカーの背後から来る問題のある低音エネルギーを除去します。

また、ForceForward は、スピーカーの背後から低音エネルギーを除去し、均一な低音出力を実現することで、スピーカー設置の作業を簡素化します。これにより、Masterpiece シリーズのスピーカー・キャビネットは、前世代のMartinLogan スピーカーよりも壁に近づけることができます。目安としては、スピーカーキャビネットの後部がウーファーの直径よりも壁に近づかないように設置することをお勧めします(Impression ESL 11A と Classic ESL 9:20.3 センチ)。パワードの Masterpiece シリーズのスピーカーは、低音域を微調整できるように2 つのレベルコントロール(75Hz と200Hz)を装備しています。

さらに、静電パネルはそのダイポールの性質から、壁から少なくとも76.2 センチ以上離れた場所に設置すると最高の性能を発揮します。この距離は、ドライバーの種類にかかわらず、ほぼすべてのハイエンドスピーカーのフロントとして理想的です。Masterpiece シリーズのキャビネットの奥行きは、静電パネルが壁から十分な距離をとるのに適しており、細部まで豊かで

立体的な音場を保証します。

WBT スピーカー端子の性能、汎用性、安全性の向上

5Way のWBT スピーカー端子は、外部アンプを安全かつ確実に接続します。純銅製の接続プレートは導電性が高く、「渦電流」の影響を受けません。これらの端子は衝撃保護のために分離され、振動に対して完全に減衰されます。太いプロ用スピーカーケーブル接続のための十分なスペースを確保しています。

MartinLogan 専属の社内設計・エンジニアリングチームは、強力な新内蔵アンプと連動させるために、極めて精密な24bit Vojtko DSP(Digital Signal Processing)エンジンを開発しました。これにより、24Hz に及ぶ」詳細な低域性能を実現しました。ローパスフィルター、ウーファーイコライザー、リミッターなど、デジタル領域で数学的にマッピングされたすべての

機能を完全に制御し、パフォーマンスを最適化することが可能です。

信号の完全な制御、瞬時の反応、膨大なクリーンパワー、効率的で統合された性能は、リアルなオーディオ性能の原型を描き出しているのです。

精密に構築された高度なトポロジーVojtko クロスオーバー

Vojtko が表明したImpression ESL 11A の高度なクロスオーバーとエレクトロニクスは、この芸術的な構成に中域の透明感を加えています。最高級のポリプロピレン・コンデンサーと空芯コイルだけを使用し、手作業で丁寧に作られたクロスオーバーは、MartinLogan 独自のVojtko トポロジーを採用、驚異的に低い歪みとドライバーとESL をシームレスに統合してい

ます。この精密にチューニングされたネットワークは、あらゆるソースのダイナミクスを完全に処理しながら、最も微細な音のニュアンスさえも維持します。

また、スピーカーに供給する信号も考慮し、Impression ESL 11A は実質的にあらゆる種類の電子機器とうまく動作するように設計されています。MartinLogan の最新鋭トロイダルトランスと電気的インターフェース技術により、アンプから静電パネル、ウーファーアレイまで完全に透明なリンクが確保されています。これにより、比類なき純度、精度、明瞭度、開放感のあ

るサウンドが生み出されます。

Gallery

仕様

 

 
周波数特性: 29〜23,000 Hz±3dB
推奨アンプ出力: 20〜550 W/ch
水平指向性: 30°
垂直指向性: 112cm ラインソース
出力音圧レベル (感度): 91 dB / 2.83V/m
インピーダンス: 4 Ohms, 0.6 Ohms at 20kHz
クロスオーバー周波数: 300Hz
使用ユニット: XStat™ CLS™ 静電トランスぢューサー パネル寸法:112 x 28 cm
放射エリア:3,136 cm² 
2 x φ20.3 cm アルミニウムコーン型
アンプ ウーファー用: 2×275W (4Ω)、 2×550Wピーク
ルームコレクション(ウーファーシステム) ARC(Anthem Room Correction)
コントロール Bass: 75 Hz±10 dB
Mid-Bass: -2 dB、0 db、+ 2 db
ARC™Room EQ: オン、オフ
信号入力部 WBT-0703Cu nextgen™5 ウェイスピーカー端子
AC電源、RJ45 (ARC 用)、ミニUSB (ARC 用)
消費電力: 最大: 500 W/ch
スタンバイ時: <1 W/ch
質量: 40.9 kg
外形寸法(HxWxD) 154.3cm×30.2cm×69.6cm
※ 仕様は予告なしに変更されることがあります。


取扱説明書 (PDF) カタログ (PDF)

プライス・リスト (PDF)|FAQ

©︎ Copyrights PDN Inc. All rights reserved.

MartinLogan

Our Technologies

静電技術の進歩

静電型理論

Masterpiece series

NeolithESL11AESL 9

ElectroMotion series

ESL X

FAQ

Bluesound

Wireless Speaker

PULSE FLEX 2i

PULSE MINI 2i

PULSE 2iBP100

Wireless Stereo
Component

NODE | VAULT 2i

POWERNODE

RC1FAQ

Impression ESL 11Aは、 Masterpieceシリーズの一つです。 ARC で研ぎ澄まされた 性能を持つデュアル 20.3 センチウーファーシステムを搭載し、完璧に調和した低域レスポンスを実現しています。このウーファーアレイと MartinLogan の特徴である 28センチ 幅 XStat CLS トランスデューサーを画期的に統合し、強力なデュアルアンプ部と組み合わせることで、表現力豊かでダイナミックなオーディオ体験を実現します。それは、純粋なオーディオの喜びを経験 することです。

ラボでは、MartinLogan のエンジニアが透明性を追求しています。ラボの外では、当社のエンジニアが説明できないワイルドカードが存在します。それは、あなたのリスニングルームです。

Impression ESL 11A XStat パネルは、航空宇宙グレードの押出アルミニウム合金から精密に製造されたMartinLogan の再設計されたAirFrame Blade 構造を使ってスピーカーキャビネットに接合されています。この素材と独自の製造工程により、パネルの剛性は極めて高くなっています。

CLS テクノロジーは、私たちが製造するすべての静電型スピーカーに不可欠な要素です。独自の製法により、パネルの水平方向の緩やかな曲率を組み込んでいます。このユニークなデザインは、全体の音質を損なうことなく、大きな放射面によって生み出される高域のディテールを向上させます。緩やかなモダンカーブとパンチングパターンが、ウーファー部のフラットなグリルにどのようにつながっているのか、ぜひご確認ください。

PoweredForce Forward ベーステクノロジーは、MartinLogfan の2 つの革新的なオーディオ技術を組み合わせたものです。それは小型のエンクロージャーで大量の低音を正確に再生するPoweredForce と、パフォーマンスを阻害するフロントウォールの低音反射を大幅に低減するForceForward です。

Masterpiece シリーズのスピーカーキャビネットの奥行きは、PoweredForce とForceForward の両技術のメリットを最大限に引き出すように慎重に選ばれ、極めて詳細なディテールを持つパワフルな低音を提供します。Anthem Room Correction (ARC™)と組み合わせたこれらの高度な低音技術は、比類の無い低音域の精度を提供します。

5Way のWBT スピーカー端子は、外部アンプを安全かつ確実に接続します。純銅製の接続プレートは導電性が高く、「渦電流」の影響を受けません。これらの端子は衝撃保護のために分離され、振動に対して完全に減衰されます。太いプロ用スピーカーケーブル接続のための十分なスペースを確保しています。

Vojtko が表明したImpression ESL 11A の高度なクロスオーバーとエレクトロニクスは、この芸術的な構成に中域の透明感を加えています。最高級のポリプロピレン・コンデンサーと空芯コイルだけを使用し、手作業で丁寧に作られたクロスオーバーは、MartinLogan 独自のVojtko トポロジーを採用、驚異的に低い歪みとドライバーとESL をシームレスに統合してい