about Paradigm

Paradigmの歴史

カナダの素晴らしいサウンドの歴史とこれから

Paradigmスピーカーは、カナダのトロント郊外の本社で今も設計、設計、製造されていることをご存知ですか?それは1982年以来ずっと引き継がれています。

それは、共同創設者のJerry VanderMarelとScott Bagbyが、業界の一般的なパラダイムを変えることを決定したときです。 彼らは高性能のスピーカーをカナダ現地で作りたいと考えました。 彼らは、推測ではなく科学に基づいてスピーカーコンポーネントをカスタムデザインしたいと考えました。 そして彼らは誰もが認める価格でそれらを利用できるようにしたかったのです。

それを実現するために、JerryとScottは賢明な大学オーディオ研究者とカナダの国立研究機関によって行われたオーディオ研究からの詳細な科学的知見を利用しました。

彼らの目標は、方程式からスピーカーの存在自体を消し去るようなレベルのパフォーマンスを達成することでした。 音に色付けせず、純粋でリアルなオーディオ、パワーを音に変換する能力には制約がありません。 そして、誰でもこの魔法を経験できるような価格でそれを実現すること。

Jerry(販売、マーケティング、広告)とScott(設計、製造)が熱心なオーディオファイルとエンジニア(オーディオファイルだったエンジニアを含む)のチームを結集し、これらの謙虚な始まりから、Paradigmが生まれました。

その年のParadigmモデル7と9はトロントオーディオショーで発表されました。 12のディーラーがこのモデルの導入にサインしました。 (これらの忠実な認定ディーラーの多くは、今日でも誇るべきParadigmディーラーのままです!)

Paradigm,のヒットパレード

- 我々の歴史の重要な年代 -

 
1982年
12のディーラーが、我々の最初のトロントショーで契約。この契約ディーラーのほとんどは、現在もなおParadigmのディーラーです!
2001年
Paradigmは北米で最大のスピーカー製造施設の1つをオープン。225000平方フィートの最先端のコンピューター制御の機械と手加工のワークショップ、そして北半球最大のプライベート無響室を有する。
1983年
モデル7とモデル9スピーカーが、我々の最初のベストセラーモデルとなりました。
「カナダ製」!
2003年
Compact 5.1 Cinema 70CTがHTiBカテゴリーを一掃する。
1984年
「お見せして、説明して、デモする」営業の秘密兵器がデビュー。注文が重なります…。
2004年
革新的なSignatureシリーズの導入、ベリリウムツィーターおよび独立したドライバーエンクロージャーの最初の採用。
1985年
米国市場での急速な販売拡大。
2006年
爆発的な販売、優れたレビュー、忠実度の高い顧客により6大陸でのブランド認知度が高まる。
1986年
ダイキャストシャーシの導入、振動の低減と高効率化によるオーディオ性能の向上。
2007年
Paradigmは第一世代の室内音響補正テクノロジーを発表し、誰もが重要なプロのツールにアクセス可能に。
1987年
販売に拍車がかかり、ディーラーネットワークの大幅な成長。
2009年
9000W/ 6ドライバーのアクティブ・サブウーファーSUB 2が競合を打ちのめす。 SECRETS Home Theater&High Fidelityの「Bad Ass Award」を獲得。
1988年
最初の無響室を建設し、オーディオテスト規格を改善。
2010年
マルチアプリケーションShift Seriesが、洗練された新しいストリーミングテクノロジーを含むオーディオソリューションとしてデビュー。
1989年
高性能エンクロージャーとして壁スペースを利用した、当社初のインウォールスピーカーAMS-200を発表。
2011年
第7世代モニターシリーズを発売。
1990年
Inside Track マガジンの「#1 Best Price / Value(最高のコストパフォーマンス第1位)」に選定される。
2012年
Paradigmは、コンパクトから巨大なサイズまで、あらゆる用途に対応するサブウーファーをラインナップ。
1991年
TitanがParadigm史上最大のベストセラーになる。「恐ろしいほどに価値がある」
2014年
Prestigeシリーズは、木製キャビネットと特許オーディオ技術を備えたインスタント・クラシック。
1992年
革新的なAtomが「分離」し、オーディオパフォーマンス賞を受賞。
2015年
Paradigmはワイヤレスのテーブルトップソリューションからサラウンドチャンネルやサブウーファーに優れたサウンドを提供。

1993年
ParadigmのAdvanced Research Center(PARC)が開設。 "The Paradigm Sound"の未来の発祥の地となる。

2016年
Personaデビュー:超高性能、最先端技術、高級オーディオデザインの究極のParadigm声明...これまでと同じものは何もない!
1994年
PS-1000(最初のアクティブ・サブウーファー)発売
2018年
Defianceサブウーファー用の画期的なコントロールアプリを開発。
1995年
Paradigmのエンジニアが夢の製造施設の計画を開始。 実を結ぶには5年を要す。
 
1996年
Paradigm ReferenceがStudio Seriesの一部としてデビュー。後にParadigmの最も人気のあるデザインになる。
 
1997年
時代を先取りした、多用途のActive 20がデビュー。
 
1999年
新しく開発された全天候材料により、アウトドアモデルStylusでThe Paradigm Soundを屋外で楽しめる。
 
 

1990年代は、成長と拡大の10年でした。 会社とその評判は高まりました。 販売はカナダ国境を越えて拡大しました。 Paradigmのアプリケーション固有のオーディオソリューションが成長しました。 また、北米最大のスピーカー製造施設の1つを計画したことで、Paradigmの物理スペースも同様に拡大しました。

Paradigmは、1990年に有名な "Inside Track"マガジンから最初の "Best Price / Value"賞を受賞して10年を迎えました。90年代初頭の最も成功したモデルの一つはAtom、有名なモニターシリーズの一部でした。 Atomモデルは、強力な強流体冷却ネオジム磁石構造を備えたサテンアノダイズド・アルミツイータードームから、最も先進的な手作りのクロスオーバー設計まで、驚くほど手ごろな価格で、今日入手可能な最高のオーディオ技術をいくつか備えていました。 Atomはパラダイムのナンバーワン販売モデルになります。 "Best Price / Value"がParadigmの行動原則になります。

当初から、Paradigmのビジネスプランの基本的な要素は、音の特性と人間の聴覚に関する集中的で継続的な研究プログラムでした。 パラダイムのエンジニアは、カナダの国立研究機関と協力して、実際の科学に裏付けされた基準と標準化を決定し確立しました。(NRCで設定された基準は、研究がParadigmの研究室に戻った後は定期的に上回りました!)

1993年に、2人のNRCの一流研究者が、カナダのオタワにあるPARC(Paradigm Advanced Research Center)を開設するためにParadigmに加わりました。 PARCは、電子機器、ソフトウェア(デジタル信号処理およびコンピューター支援設計を含む)およびその他の高度なオーディオ技術の設計およびプログラミングを専門とする最先端の研究所です。 PARCは、低歪み、無彩色、純粋なオーディオリアリズムである完全な“The Paradigm Sound”を完成させるための超秘密の科学的イニシアチブ、“The Athena Project”の本拠地となりました。

90年代半ばに、Paradigmは初のアクティブ・サブウーファーを発表しました。 シングルドライバーPS-1000は、100W RMSをわずかに上回り、そのような活力を与えたことでParadigmのエンジニアがアクティブウーファーの未来である事を確信していました。 90年代の終わりまでには、特注の大電流、低歪みアンプを搭載したServo-15のようなモデルが、強烈な音楽性でアワードを獲得しました。

1996年、ParadigmはReference Studio Seriesを発表しました。これは次世代のParadigmスピーカーの外観とサウンドを決定づけるスピーカーのファミリーです。

ボルト止めされた面がスタイリッシュな”steampunk”デザインをかもし、滑らかに湾曲したエンクロージャーを有すこれらのスピーカーは、ダイキャスト・ヒートシンク・ドライバーシャーシ、ショックマウント・アイソレーションチャンバー、高度なクロスオーバーネットワーク、家具グレードの仕上げなどの革新を特徴としました。 Reference Studio Seriesは、緻密さ、ディテールと解像度の制約をリセットしました。

1999年のようにParadigmは、より厳しい環境で、実績のあるParadigm音質を提供するStylus全天候型スピーカーシリーズを発表しました。そのユニークな耐久性のある素材を使用したStylusの成功は、その後のエクステリア・スピーカーシステムへと成長し、それらの多くは現在でも活躍中です。

新世紀のParadigm

21世紀の最初の10年間で、家電業界は世界的に変化しました。 Paradigmは最前線にあり、パフォーマンスと価値を最終目標にしました。

2001年、Paradigmは北米最大のスピーカー製造施設の1つに製造拠点を移しました。それは、ロボット支援木工スタジオ、手作業の組み立てライン、高度なテストラボ(二つのダブルブラインド・リスニングルームを含む)、自動車品質の仕上げスタジオを有する巨大なコンピューター制御の壮大な225000平方フィートの工場です。

Paradigmは、計画、設備手配、試作から、ドライバーとクロスオーバーの組み立て、そして最終的なエンクロージャーのラッピングと仕上げまで、製造プロセスを完全に制御しました。 パラダイムは、大陸で最大のスピーカードライバーメーカーの1つになりました!

トロントの工場には、北米最大の私有無響室もあります。 この驚くべき音声テスト施設は、大規模なフォームで区切られた、33,000立方フィートを超える大きさで、ルームインルームに吊り下げられた繊細な通路によってアクセスされます。 この施設のおかげで、Paradigmのエンジニアは、音声の異常を分離し、解決策を評価し、スピーカーとコンポーネントを完全に調整して、スピーカーの痕跡やサウンドプリントをより完全に排除することができました。 チューニングの科学は無響室で完成しており、Paradigmスピーカーの性能がますます理解されるにつれて、評論家も顧客も同様に注目を集めています。

オンサイト管理=より良い製品

トロントにある私達の25万平方フィートの工場は、私達のスピーカーの設計と構造の細部にわたって今までに例のない制御を与えます。

  • 木材の切断および組み立てからベニヤ加工、塗装および研磨までのCNC(コンピューター数値制御)キャビネットの組み立ておよび仕上げ。
  • バスケット、バッフル、ベースなどのプラスチック部品の射出成形。
  • 成形、熱プレス、仕上げを含むグリルの設計と製造
  • プラスチックコーンとアルミニウムコーンの両方にコーンモールディングと耐久性のあるオーバーモールドサラウンドを製造する独自のCIM(カスタムインジェクションモールディング)機能。
  • 完全なドライバーとクロスオーバーCAD設計と組立施設。
  • ボイスコイル巻線と組立
  • ±0.1回転精度のコイル巻線(業界標準を超えて数回転)。
  • PCBスルーホールとSMTアセンブリー
  • 電気およびソフトウェア設計のためのパラダイム先端研究センター(PARC)
  • 塗装、粉体塗装、家具等級の仕上げ設備。

同時に、マルチチャンネル・ホームシアターとホームシネマ・オーディオの普及とアクセシビリティは、Paradigmのスピーカーデザインに不可欠です。 5.1 chのParadigmサウンドをより小さなスペースで届けるように設計された、コンパクトでオーディオファンレベルのホームシアタースピーカーシステムであるCinema Seriesでその幕は上がります。

Paradigmの次の大胆なステップは、2004年に発表されたSignature Seriesでした。Signature Seriesの控えめな外観のグリル面は、驚くほど美しいベゼルとキャビネットのデザインを隠し、それ自体が驚くべきオーディオ革新のキャビネットを隠していました。 このシリーズには、ベリリウムツイーター、強力な新しいモーターアーキテクチャによって生成された後方波共振を効率的に分散させる、特許リアフィンを備えた独自に設計されたドライバーアイソレーションチャンバーが含まれています。 評論家はSignatureを「本物」と呼び、Paradigmのパフォーマンス・バリューの長い歴史の中で最高のものの1つです。

Paradigmの世界的なブランド認知は、世界中のセールスマンと、専属ディーラー、熱心な熱狂的オーディオファイルの献身的な取り組みのおかげで、2000年代に成長しました。 またParadigmは、お客様が愛し、期待するように成長した純粋なサウンドを完璧に捉えることに専念しました。 Signatureの評価により、Paradigmは6大陸でベストセラー・オーディオファイル・スピーカーブランドの1つになりました。

それから:Eureka!  リスニングエリアでサウンドがどのように振る舞うかについての継続的な研究は、業界初の真に消費者にやさしいプロ級の「室内補正」技術であるParadigmのPerfect Bass Kit(PBK)で功を奏します。 Perfect Bass Kitは、最高のベースパフォーマンスを実現するように設計およびプログラムされています。 独自のマイクとソフトウェアを使用して、消費者は自分のリスニングスペースをテストし、即座に結果をラボのパフォーマンス基準と比較して、低音の異常を修正および排除し、どの部屋でもより滑らかで現実的に調和した低音レスポンスを確保できます。 PBKはプロのベースとルームのチューニング機能を誰にでも手の届くものにしています。

サブウーファーのカテゴリーのパラダイムの優位性は圧倒的なSUB 2の導入で、すぐ後に始まりました。この9000Wの6ドライバー・サブウーファーは、マリアナ海溝のように深く、オクトバスのように滑らかにリアルなサブパフォーマンスの基準を打ち立てました。

SUB 2はすぐに「強烈な出力、超低歪み、充実した製造品質と極限のエンジニアリング」により最初の“SECRETS of Home Theater and High Fidelity“の「Bad Ass Award」を授与されました。

20代前半の若者には、パーソナルデジタルオーディオと信号処理、そしてローカルエリアネットワークとワイドエリアネットワーク上で低解像度オーディオファイルを「ストリーミング」することが注目されるようになりました。

パラダイムのエンジニアは、スピーカーのオーディオ再生がどのメディアでもリアルな品質を保っていることを確かめたいので、周波数特性を最適化して整形するために洗練された新しいアルゴリズムを使ってスピーカーを設計しました。

これは、2010年に発表されたマルチアプリケーション・スピーカーの新しいShift Seriesに象徴されています。Shiftには、ワイヤレス・サウンドバーやフルパワーのテーブルトップ・スピーカーからワイヤレスネットワーク拡張リンクやコンパクトアンプまで、幅広いスピーカーとコンポーネントが含まれていました。Shiftは、Paradigmが最初のプレミアムオーディオファイル・ヘッドホン設計への進出も示しました。Paradigmのワイヤレス技術は、最先端のロスレス受信、簡単な接続、そして驚くべきParadigm性能レベルを特徴とする、プレミアムシリーズで2015年に開花しました。

2012年までに、Paradigmはコンパクトなウルトラキューブ(平方フィート未満)から1700Wのピーク電力を供給した、カスタム設計されたSeismic 110までの21のトップセールスのサブウーファーモデルによって、サブウーファー・カテゴリーに踏み出しました。

サブサイズ領域のもう一方の端には、12,000Wを超える合計ピークパワーを持つ、すべてのサブウーファーの中で最大のSUB 2と新しいSUB 1がありました。 畏怖の念に包まれた評論家はそれを「武器級」低音と名付けました。

2014年に発表されたPrestigeシリーズは、Paradigmがラウドスピーカー市場を支配しました。その美しいクラシックな木製仕上げのキャビネットと完全に最新のテクノロジーを備えたPrestigeは、パフォーマンスと価値の比を実現し、Paradigmを両分野でリーダーとしての地位を確立しました。Prestigeは、強力なオンボード増幅を制御する新しく設計されたクロスオーバーとShock-Mountドライバーアイソレーションを備えたより効率的で共鳴のないキャビネット構造を特徴としました。 カナダ生産で、Prestigeは科学に裏付けられたパフォーマンスを達成し、評論家から「夢中にさせる」「洗練された」と評価されました。

Paradigmの今日と将来

革新的な業界リーダーとしての21世紀の30年目、40年目に向かっても、Paradigmの使命は依然として私たちの始まりのままです。

そして私たちのスピーカーも同様です。

Paradigmは、オーディオサイエンスとテクノロジーの最先端を追い続けることで、競争の激しい家電業界をリードし続けています。

私たちが90年代に勝ち取った「ベストプライス/バリュー」アワードを覚えていますか?私たちはその賞を合計22回受賞しました。受賞歴のあるParadigm製品は現在、25社以上の国際販売代理店によって販売されており、世界中の55カ国以上で販売されています。新しいPersonaは、北米で最も売れている高性能スピーカーの1つとしての地位を強化しました。応用科学に裏打ちされた優れた性能と、贅沢なデザインの新しいビジョン、本物の価値への新たな献身が、ハイエンドホームオーディオの将来について私たちをとても興奮させています。私たちはあなたに次のものをお見せすることを待つことができません!

私達は、優秀な性能のスピーカーの現在のラインアップを検討することをお勧めします。質問がある場合は、お問い合わせください。私たちはあなたが知ることをお勧めします。高性能スピーカーについてよく知っているほど、Paradigmの外観(およびサウンド)は良くなります。

カナダから愛をこめて!

「Paradigm Persona 7Fは、私の家でチェックするのがとても楽しいスピーカーセットの1つです。視覚的に魅力的な優れた工業デザインの例であることを超えて、それらはまた音楽的に満足のいく音楽の再生者であり、Paradigmの最高級ラインへの価値のある追加です。確かに音の指紋に言い表しにくい「生き生きとした」品質を持っています。音だけでなく、それを見て、今後何年にもわたって有望な所有者を満足させるべきである現代的でありながら有機的なデザインを備えています。Paradigmが、ベリリウムドライバー、先進的なキャビネット設計、そして彼らが長年かけて洗練した他の技術を使ってすべての道を切り開いたことは間違いありません。あなたが、万能で最先端のスピーカーが欲しくてたまらないなら、ParadigmのPersona 7Fをあなた自身が聴いてみるべきです。目立つのは控えめな表現です! 」

Carlo Lo Raso - Home Theater and High Fidelity

©︎ Copyrights PDN Inc. All rights reserved.

Bluesound

Wireless Speaker

PULSE FlEX 2i

PULSE MiNi 2i

PULSE 2iBP100

Wireless Stereo Component

NODE 2i | VAULT 2i

POWERNODE 2i

FAQ

MartinLogan

Masterpiece series

NeolithRenaissance ESL 15A

Cassic ESL 9

ElectroMotion series

ESL X

 
1982年
12のディーラーが、我々の最初のトロントショーで契約。この契約ディーラーのほとんどは、現在もなおParadigmのディーラーです!
1983年
モデル7とモデル9スピーカーが、我々の最初のベストセラーモデルとなりました。
「カナダ製」!
1984年
「お見せして、説明して、デモする」営業の秘密兵器がデビュー。注文が重なります…。
1985年
米国市場での急速な販売拡大。
1986年
ダイキャストシャーシの導入、振動の低減と高効率化によるオーディオ性能の向上。
1987年
販売に拍車がかかり、ディーラーネットワークの大幅な成長。
1988年
最初の無響室を建設し、オーディオテスト規格を改善。
1989年
高性能エンクロージャーとして壁スペースを利用した、当社初のインウォールスピーカーAMS-200を発表。
1990年
Inside Track マガジンの「#1 Best Price / Value(最高のコストパフォーマンス第1位)」に選定される。
1991年
TitanがParadigm史上最大のベストセラーになる。「恐ろしいほどに価値がある」
1992年
革新的なAtomが「分離」し、オーディオパフォーマンス賞を受賞。

1993年
ParadigmのAdvanced Research Center(PARC)が開設。 "The Paradigm Sound"の未来の発祥の地となる。

1994年
PS-1000(最初のアクティブ・サブウーファー)発売
1995年
Paradigmのエンジニアが夢の製造施設の計画を開始。 実を結ぶには5年を要す。
1996年
Paradigm ReferenceがStudio Seriesの一部としてデビュー。後にParadigmの最も人気のあるデザインになる。
1997年
時代を先取りした、多用途のActive 20がデビュー。
1999年
新しく開発された全天候材料により、アウトドアモデルStylusでThe Paradigm Soundを屋外で楽しめる。
2001年
Paradigmは北米で最大のスピーカー製造施設の1つをオープン。225000平方フィートの最先端のコンピューター制御の機械と手加工のワークショップ、そして北半球最大のプライベート無響室を有する。
2003年
Compact 5.1 Cinema 70CTがHTiBカテゴリーを一掃する。
2004年
革新的なSignatureシリーズの導入、ベリリウムツィーターおよび独立したドライバーエンクロージャーの最初の採用。
2006年
爆発的な販売、優れたレビュー、忠実度の高い顧客により6大陸でのブランド認知度が高まる。
2007年
Paradigmは第一世代の室内音響補正テクノロジーを発表し、誰もが重要なプロのツールにアクセス可能に。
2009年
9000W/ 6ドライバーのアクティブ・サブウーファーSUB 2が競合を打ちのめす。 SECRETS Home Theater&High Fidelityの「Bad Ass Award」を獲得。
2010年
マルチアプリケーションShift Seriesが、洗練された新しいストリーミングテクノロジーを含むオーディオソリューションとしてデビュー。
2011年
第7世代モニターシリーズを発売。
2012年
Paradigmは、コンパクトから巨大なサイズまで、あらゆる用途に対応するサブウーファーをラインナップ。
2014年
Prestigeシリーズは、木製キャビネットと特許オーディオ技術を備えたインスタント・クラシック。
2015年
Paradigmはワイヤレスのテーブルトップソリューションからサラウンドチャンネルやサブウーファーに優れたサウンドを提供。
2016年
Personaデビュー:超高性能、最先端技術、高級オーディオデザインの究極のParadigm声明...これまでと同じものは何もない!
2018年
Defianceサブウーファー用の画期的なコントロールアプリを開発。