Classic ESL 9

Classic ESL 9は、

オーディオパフォーマンスの傑作であると共に、

あなたの人生を変える体験へのチケットです。

このパッシブデザインのスピーカーは、

23cm(CLS™)XStat™静電トランスデューサー、デュアル20cmアルミコーンウーファー、

カスタムメイド・5ウェイ・バイワイヤー・ツールレス入力端子を備えています。

Classic ESL 9

傑作は感情を刺激するだけではありません。 それはあなたのセンスを変え、アートギャラリーやコンサートホールを後にしても、ずっと後に続くことです。 それはまさしくあなたの中の何かを変えるための傑作と考えられます。 一度それを経験すると、あなたは間違いなく変わるでしょう。 あなた自身の家で傑作を楽しむことは、熱望すべきことでしょう。

Classic ESL 9のオーディオパフォーマンスの傑作による人生を変える体験へのチケットを検討してください。 あなたは決して同じではいられないでしょう。

音の再現のクラシックな傑作

マーティン・ローガンは、最新の傑作であるClassic ESL 9を発表しました。 マーティン・ローガンのフラッグシップESLシリーズのおなじみの要素はすべてここにあり、いくつかの革命的な改良が行われています。 この優れたスピーカーの心臓部は、幅20㎝のCLS(Curvilinear Line Source)XStat真空接合静電トランスデューサーです。 先進のMicroPerf固定子技術は、このサイズクラスの他のどの静電パネルよりも多くのダイアフラム表面積を活用し、狭いパネルの出力を効率的に増加させます。 超剛性のAirFrameブレード構造はパフォーマンスを低下させる振動を低減し、その形状はウーファーキャビネットと美しく結合されます。 低音は、美しく造形されたエンクロージャー内のデュアル8インチ低歪み、高ストローク・アルミコーン・ウーファーによって、際立つ正確さとで再生されます。

古典的なマーティン・ローガン静電型スピーカーのおなじみの要素に注目してください:Advanced MicroPerf固定子技術。これは、同じサイズの伝統的な静電パネルのほぼ2倍の露出静電ダイアフラムを可能にします。パネルは硬質のClearSpar™スペーサーで補強されており、美しいシースルーデザインを覆い隠すことなく、真空接合ダイアフラムに正確な張力を維持します。これらに、新しいAirFrame™Blade構造のデザインを加えると、                                              パネルとウーファーキャビネットの間に調和のとれた結合は、力強く感性に訴える構成となります。

ここで、いくつかの改良点に着目してください。Classic ESL 9のウーファー・セクションを一新しました。 2つの20cmレーザー加工・低歪み・アルミコーンウーファーを採用しています。 このデザインは、同じ方向のウーファーポジショニングに固有のキャビネットの振動を低減し、特に34Hzから100Hzの範囲で均一な周波数応答を実現し、リアルな低音再生を実現します。

超剛性AirFrameブレードデザイン

Classic ESL 9 XStatパネルは、マーティン・ローガンのAirFrame ブレード構造を使用して航空宇宙グレードの押し出しアルミニウム合金から製造されたスピーカーキャビネットに接合されています。 この材料とこの独占的な製造プロセスにより、パネルは非常に硬くなります。

このAirFrame ブレード・レールシステムの力強く、先進のスタイルは、幅が狭くて正面が強く、側面が広くて強力なデザインです。 再生可能な表面積を邪魔したり、パネルのダイポール音放射パターンを妨げることはありません。 それはまた、電気的および音響的分離を提供し、振動および共振によって引き起こされる混変調歪みを最小にします。 流れるようなラインは、パネル自体とコンパクトウーファーおよびアンプセクションとの画期的な結合を強調しています。 息をのむようなAirFrameブレードのデザインは、イメージング、ローレベルの音のディテール、正確さ、そしてスピーカーの能率を高めます。

CLS(Curvilinear Line Source)

静電パネル

CLS技術は、マーティン・ローガンが製造するすべての静電型スピーカーに不可欠な要素です。 独自の製造方法により、パネルの緩やかな水平方向の湾曲を作り上げました。 このユニークなデザインは、全体的な音質を犠牲にすることなく、広い放射面によって生み出される高音のディテールを強調します。 穏やかなモダンな曲線とパーフォレーション・パターンが、ウーファー部のフラットグリルに取って代わる方法に注目してください。

制御された分散放射音

私たちがスピーカーから聴く音はそれから私たちの耳への直接音と部屋の表面 - 壁、床、そして天井からの反射 - の組み合わせです。 私たちの脳がどのようにこの情報を統合するのかは決して簡単ではありません。 耳への入射角と直接音と反射音の到着時間の差に応じて、反射はディテールとステレオイメージをぼやかすか、奥行きと開放感の自然な印象を高めることができます。

静電パネルは、真のダイポールスピーカーであり、ほぼ理想的に制御された分散放射パターンを生成します。 それらは側面に非常に小さい音を送り、それによって側壁の反射を最小にし、その短い到着時間は直接音の知覚を妨げる傾向があります。 しかし、それらの強い後方放射は、大量の自然で豊かなアンビエンスの遅れて到着する中高音を生成します。

調和した低音のパフォーマンス

この傑作のダイナミックなパフォーマンスを締めくくるのは、マーティン・ローガンの社内エンジニアリングチームによってカスタムデザインされた、ロングストロークの20cmレーザー加工・アルミコーンウーファーのペアです。この効率的なキャストバスケットウーハー設計は、コーンのサスペンションと磁束場を改善し、応答時間を最大化して、非常に低歪で真に深い低音(最低34Hz)を生み出します。

ウーファーは逆向きに配列されています。このデザインは、特に34Hzから100Hzの範囲で、同じ方向に配列したウーファーに固有のキャビネットの振動を大幅に低減します。この反対向きのウーファー配置のロールオフ特性は、現実的に位相の揃ったベース波形にさらに最適化されています。また、リア向きのウーファーを調整して、壁の近くでの相互作用を最小限に抑え、静電パネルの双極性を完全に補完しました。この構成による低音のパフォーマンスは正確で音楽的でリアルです。

フレアの超低乱流後方向き低音ポートはエンクロージャの設計に不可欠であり、ポートノイズを伴わずに深い低音出力を可能にします。

バイワイヤリング対応・ツールレス・スピーカー端子と低電圧電源

マーティン・ローガン独自のツールレス・スピーカー端子により、ケーブルの接続が簡単になります。 1組は静電パネルに接続され、もう1組はウーファーに接続されています。 ユーザーは、Classic ESL 9をバイアンプ接続するか、1本のワイヤを接続するためにスピーカー端子間にジャンパープレートを使用するかを選択できます。セットアップとケーブル管理をさらに簡単にするために、Classic ESL 9は低電圧DC電源を採用しているため、太い電源コードが不要になります。

精密に構築された高度な技術

Vojtkoクロスオーバー

Classic ESL 9のコントロールは、高度なVojtkoボイスクロスオーバーによって提供されます。最高級のメタライズドフィルムコンデンサ、空芯コイル、および低DCRスチールラミネートコイルのみを使用して慎重に手作業で製造されたクロスオーバーは、マーティン・ローガン独自のVojtko技術を採用し、低歪みとシームレスなドライバー/ ESL統合を実現しています。この精密に調整されたネットワークは、あらゆる音源の完全なダイナミクスを処理しながら、微小な音波ニュアンスさえも保持します。

Classic ESL 9は、あらゆるタイプのアンプとうまく動作するように設計されています。 マーティン・ローガンの最先端の電気インターフェース・エンジニアリングは、アンプから静電パネルとウーファーアレイへのリンクを確実にします。これは比類のない純度、正確さ、明快さ、そして開放感のあるサウンドを生み出します。

Masterpieceシリーズのすべてのスピーカーと同じように、そして他の本物の傑作と同様に、Classic ESL 9のリアルで透明なパフォーマンスを体験すると、あなたの人生を変えることになるでしょう。

未使用スペースをより良い低音にする

Masterpieceシリーズのスピーカーキャビネットの奥行きは、高度なベーステクノロジーの利点を最大限に引き出すように慎重に選択されており、緻密でパワフルなベースを提供します。

ForceForwardベーステクノロジーでは、ウーファー同士が離れているほど周波数が低くなり、効果が広がります。 マーティン・ローガンのForceForwardテクノロジーは、低音域の音波がスピーカーの後ろの壁で反射し、リスナーの方へ向かう直接音と干渉するという(ほぼすべてのスピーカーで見られる)問題を解決しました。

これらの干渉は、その音があなたの耳に届くときそれらの周波数を乱れさせ、そして低音はキャンセルと量感の増加により、オリジナルとは異なったものとなります。

対向するウーファーからの出力の位相を選択的に調整することによって、パワードMasterpieceシリーズスピーカーはスピーカーの後ろから問題のある低音エネルギーを取り除きます。

ForceForwardはまた、スピーカーの背後からの低音のエネルギーを取り除き、均一な低音を再生することで、スピーカーの設置を簡素化します。これにより、Masterpieceシリーズのスピーカーキャビネットを前世代のマーティン・ローガン・スピーカーよりも壁に近づけることができます。経験則として、スピーカーキャビネットの背面をウーファーの直径より壁の近くに配置しないことをお勧めします(Renaissance ESL 15A:30.5㎝、Expression ESL 13A:25㎝、Impression ESL 11AおよびClassic ESL 9 : 20㎝)。

さらに、ダイポール特性のため、静電パネルは壁から76㎝以上離れた場所に設置すると最も効果的に機能します。この距離は、ドライバー方式にかかわらず、ほとんどすべてのハイエンドスピーカーの前面に最適な距離です。 Masterpieceシリーズのキャビネットの奥行きは、静電パネルが壁から適正な距離を保つのに役立ち、非常に緻密な3次元サウンドステージを保証します。

Gallery

仕様

 

周波数特性: 34 - 23,000 Hz ±3dB
推奨アンプ出力: 50 - 400 W/ch
水平指向性: 30°
垂直指向性: 44" (112cm) line source
感度: 90 dB/2.83 volts/meter
インピーダンス: 4 Ohms, 0.8 at 20kHz
クロスオーバー周波数: 380Hz
使用ユニット: XStat™ CLS™ 静電パネル パネル寸法:112 x 23cm
放射エリア:2,576 cm² 
2 x φ20cm アルミニウムコーン型
スピーカー端子: カスタムメイド5-way バイワイヤー対応スピーカー端子
パワーサプライ電圧: 入力 AC100-240V, 50/60Hz, 0.2A
出力 DC 15V 0.4A
消費電力: 最大 2W/ch、スタンバイ時:  1W/ch 未満
質量: 35.4 kg
寸法: 152cm x 26.4cm x 64.6cm
 

©︎ Copyrights PDN Inc. All rights reserved.

MartinLogan

Masterpiece series

NeolithRenaissance ESL 15A

Classic ESL 9

ElectroMotion series

ESL X

Motion series

60XT35XT

Classic ESL 9

マーティン・ローガンは、最新の傑作であるClassic ESL 9を発表しました。 マーティン・ローガンのフラッグシップESLシリーズのおなじみの要素はすべてここにあり、いくつかの革命的な改良が行われています。 この優れたスピーカーの心臓部は、幅20㎝のCLS(Curvilinear Line Source)XStat真空接合静電トランスデューサーです。 先進のMicroPerf固定子技術は、このサイズクラスの他のどの静電パネルよりも多くのダイアフラム表面積を活用し、狭いパネルの出力を効率的に増加させます。 超剛性のAirFrameブレード構造はパフォーマンスを低下させる振動を低減し、その形状はウーファーキャビネットと美しく結合されます。 低音は、美しく造形されたエンクロージャー内のデュアル8インチ低歪み、高ストローク・アルミコーン・ウーファーによって、際立つ正確さとで再生されます。

Classic ESL 9 XStatパネルは、マーティン・ローガンのAirFrame ブレード構造を使用して航空宇宙グレードの押し出しアルミニウム合金から製造されたスピーカーキャビネットに接合されています。 この材料とこの独占的な製造プロセスにより、パネルは非常に硬くなります。

CLS技術は、マーティン・ローガンが製造するすべての静電型スピーカーに不可欠な要素です。 独自の製造方法により、パネルの緩やかな水平方向の湾曲を作り上げました。 このユニークなデザインは、全体的な音質を犠牲にすることなく、広い放射面によって生み出される高音のディテールを強調します。 穏やかなモダンな曲線とパーフォレーション・パターンが、ウーファー部のフラットグリルに取って代わる方法に注目してください。

この傑作のダイナミックなパフォーマンスを締めくくるのは、マーティン・ローガンの社内エンジニアリングチームによってカスタムデザインされた、ロングストロークの20cmレーザー加工・アルミコーンウーファーのペアです。この効率的なキャストバスケットウーハー設計は、コーンのサスペンションと磁束場を改善し、応答時間を最大化して、非常に低歪で真に深い低音(最低34Hz)を生み出します。

マーティン・ローガン独自のツールレス・スピーカー端子により、ケーブルの接続が簡単になります。 1組は静電パネルに接続され、もう1組はウーファーに接続されています。 ユーザーは、Classic ESL 9をバイアンプ接続するか、1本のワイヤを接続するためにスピーカー端子間にジャンパープレートを使用するかを選択できます。セットアップとケーブル管理をさらに簡単にするために、Classic ESL 9は低電圧DC電源を採用しているため、太い電源コードが不要になります。

Masterpieceシリーズのスピーカーキャビネットの奥行きは、高度なベーステクノロジーの利点を最大限に引き出すように慎重に選択されており、緻密でパワフルなベースを提供します。

Classic ESL 9
Classic ESL 9
Classic ESL 9

Classic ESL 9は、

オーディオパフォーマンスの傑作であると共に、あなたの人生を変える体験へのチケットです。

このパッシブデザインのスピーカーは、

23cm(CLS™)XStat™静電トランスデューサー、デュアル20cmアルミコーンウーファー、カスタムメイド・5ウェイ・バイワイヤー・ツールレス入力端子を備えています。

Classic ESL 9
Classic ESL 9