Bluesound / ブルーサウンド

FAQ
  • Question  1:
    BluOS Playerをネットワークに接続する方法を教えてください

    A  1:

    以下の手順は、BluOS Playerをホームネットワークに接続するのに役立ちます。

    有線LAN:

    ネットワークへの有線LAN接続は簡単で、セットアップは必要ありません。有線接続を使用する場合は、付属のEthernetケーブルを使用して、プレーヤーをルーターまたはホームネットワークに直接接続します。

    無線LAN:

    ワイヤレス接続を使用すると、BluOS Playerを自宅のどこにでも置くことができますが、設定が必要です。このプロセスは非常に簡単ですが、iOS (Apple)とAndroidではわずかに異なります。スマートフォンやタブレットについては、以下の手順に従ってください。WindowsユーザーとMacユーザーは、以下のワイヤレスマニュアル設定手順を参照してください。

    Android(ビデオを見る)

    1. アプリはすぐに「New Players Detected:新しいプレーヤーが検出された」と言うプロンプトを出し、「Setup Now:今すぐセットアップ」を選択します。
    2. プロンプトが表示されない場合は、アプリの右上隅にあるHouseアイコンを押してプレーヤードロワーを開きます。
    3. 一番下にスクロールして「Add a Player:プレーヤーの追加」を選択しイージー・セットアップ・ウィザードを起動します。
    4. 「検出されたプレイヤー」ウインドウから「プレイヤーのホットスポット*」を選択します。
    5. 手順6に進みます。

    iOS(ビデオを見る)

    1. アプリの右上隅にあるHouseアイコンを押して、プレーヤードロワーを開きます。
    2. 一番下にスクロールして、「Add a Player:プレーヤーの追加」を選択し、イージー・セットアップ・ウィザードを起動します。
    3. 「iPhone」または「iPad」の「ホーム」ボタンを押し、「設定アプリ」を開き、「WiFi」を選択します。
    4. 使用可能なWiFiネットワークからプレイヤーのホットスポット*を選択します。
    5. BluOS Appに戻ります。 「Connect to WiFi:WiFiに接続する」のドロップダウンメニューからホームWiFiネットワークを選択します。WiFiネットワークが表示されない場合は、「Manual SSID Entry:手動SSID入力」コマンドを選択します。そして使用している「Wireless SSID:無線SSID」を入力し、「Protection type:保護タイプ」を選択します。
    6. 「WiFiパスワード」を入力し「Continue」を押します。
    7. このプレーヤーがプレーヤードロワーに表示されるときの、このプレーヤーの任意の名前を入力します。
    8. 画面に「All Done」と表示され、プレーヤーのLED表示がブルーに変わるのを待ってから「Finish」を押します。

    ワイヤレスマニュアル設定

    上記の方法がうまくいかない場合、またはWindows PCまたはApple Macご使用の場合は、以下の方法をお試しください。

    1. タブレット、スマートフォンまたはコンピューターで、プレイヤーのホットスポット*と一致するWiFiネットワークを探し、それを接続します。
    2. ウェブブラウザーを開き、http://10.1.2.3/を入力すると、「Configure Player」メニューが表示されます。
    3. 「Configure Player」を選択します。
    4. 「Configure Player」のドロップダウンメニューから使用するWiFiネットワークを選択します。WiFiネットワークが表示されない場合は、「Manual SSID Entry:手動SSID入力」コマンドを選択します。そして使用している「Wireless SSID:無線SSID」を入力し、「Protection type:保護タイプ」を選択します。
    5. WiFiパスワードを入力します。(パスワード保護されたネットワークの場合)
    6. ドロップダウンリストから「Room Name」を選択するか、任意のルーム名を入力します。
    7. 「Update」を押し、プレイヤーがホームWiFiネットワークに正常に参加したことを示す、プレーヤーのLEDが青色に点灯するのを待ちます。
    8. タブレットまたはスマートフォンの主なネットワーク設定から、再度WiFiネットワークを選択します。自動的に訂正される場合があります。
    9. BluOS アプリを起動させます。
  • Question  2:
    LEDの色の違いはなにを意味しますか ?

    A  2:

    各Bluesoundプレーヤーは三色のLEDを備えています。前面にも第2のLEDがあります。LEDは、プレーヤーのステータスを表示します。

    緑の点灯:

    プレーヤーは「ホットスポットモード」にあり、ネットワークに接続する準備ができています。このモードからプレイヤーを設定します。

     

    緑の点滅:

    プレーヤーがネットワークに接続しようとしているか、ネットワークケーブルが外されています。

     

    紫の点灯:

    プレーヤーはセットアップされておらず、ホットスポットモードは15分の待機後にタイムアウトしています。再生/一時停止ボタンを5秒間押し続けると、ホットスポットモードが再び有効になります。LEDは、緑の点灯に戻ります。また、プレーヤーの電源ケーブルを外し、再度差し込むこともできます。

     

     

     

    青の点灯:

    プレーヤーは「レディモード」にあり、ネットワークに接続して音楽をストリーミングする準備ができています。

    青の早い点滅:赤外線リモコンコード受信中

    青の一時消去:ミュート

    青のゆっくりな点滅 :CDのリッピングし、エンコード中(Vault2iのみ)

     

     

    白の点灯:

    プレイヤーはネットワーク上のローカルミュージックライブラリにインデックスを付けています。

    白と青の交互の点灯:

    プレーヤーは、他のプレーヤーから更新されたインデックスを複製または受信しています。

     

     

     

    赤の点灯:

    プレーヤーは「アップグレードモード」に入り、アップグレードの開始を待っています。

    赤の点滅(Powernode 2iとPulseシリーズのみ):

    プレーヤーのアンプは「保護モード」にあり、リセットのためにシャットダウンおよび再スタートを必要とします。頻繁に発生する場合は、スピーカーの制限を確認し、プレーヤーの接続をはずしてください。

    赤と緑の交互の点灯:

    プレーヤーのBluOSファームウェアのアップグレード中です。

  • Question  3:
    BLUESOUND Playerで工場出荷の状態にリセットするにはどうすればよいでしょうか ?

    A  3:

    工場リセットの手順:

    1. プレイヤーの電源を切ってください。
    2. BP100バッテリパック付きのPULSE FLEXがある場合は、バッテリパックも取り外してください。
    3. 10秒待ちます。
    4. いったんLEDが赤色に点灯したら、タッチパネルのPlay/Pause LEDをタッチしたままにします(ただちに緑色が点灯し、赤色に戻ります)。
    5. LEDが赤色に戻ったら、ボタンを30秒間押し続けます。
    6. 30秒後にLEDが赤で点滅し始めてから、ボタンを放します。

    プレーヤーのすべてのカスタマイズは削除され、工場出荷時の設定に戻されます。

    重要:

    LEDが赤色に点滅する前にLEDから指を外すと、工場リセットが解除され、プレイヤーはアップグレードモードのままになります。工場リセットの操作を再度行ってください。

    プレイヤーがホットスポットモード(ワイヤレス接続-LEDが緑色に点灯)に戻ると、工場出荷時のリセットは成功します。プレイヤーが有線LAN接続を介してネットワークに接続されている場合、プレイヤーが新しいプレイヤーであるかのように接続されます(LEDが青色に変わります)。

    警告!

    これはプレイヤーの工場出荷時のリセットです。WI-FIネットワークの設定、ファイルシェア、および保存されたプレイリストを含むすべてのカスタマイズは失われます。いったん完了したら再作成する必要があります。このプロセスは、プレイヤーが機能しておらず、インターネットファームウェアアップグレードが失敗した場合にのみ推奨されます。疑問点または懸念事項については、手続きの前に、承認されたBLUESOUNDカスタマー代理店に問い合わせてください。

  • Question  4:
    BluOSアプリの アップデートとインストールの方法は ?

    A  4:

    Blusoundには、2種類のBluOSアプリがあります。一つはモバイルアプリAndroid用、iOS用、Kindle用があり、もう一つはWindows用と OS X用のデスクトップアプリです。

    モバイルアプリは、各モバイル機器のアプリストアで取り扱っています。デスクトップアプリはBluesoundホームページから直接ダウンロードできます。

    BluOSアプリへのリンクはホームページでご覧いただけます。

    オペレーティングシステムの適切なリンクをクリックするだけです。

    Windows:

    Windows用の.EXファイルをダウンロードしてダウンロードフォルダから実行します。

    ウィザードに従って、アプリをインストールします。

    新しいバージョンが利用できる場合は、デスクトップアプリからお知らせします。アップデート可能な場合は、ダウンロードページに戻り、最新のビルドをダウンロードします。

    新しい.EXEファイルを開き、新しいAppを古いAppに上書きインストールするには、セットアップウィザードに従ってセットアップします。

    OS X:

    OS X用の.DMGをダウンロードし、ダウンロードフォルダから開きます。契約に従って.DMGを実行します。パッケージ化してから、BluOSアプリをApplicationsフォルダにドラッグして、コンピュータに格納します。

    新しいバージョンが利用できる場合は、デスクトップアプリからお知らせします。アップデート可能な場合は、ダウンロードページに戻り、最新のビルドをダウンロードします。

    新しい.DMG を開きます。新しいアプリをパッケージ化してApplicationsフォルダにコピーし、古いアプリを置き換えます。

  • Question  5:
    コンピューターからBLUESOUND VALUTの内蔵ストレージにアクセスするには ?

    A  5:

    はじめに

    Bluesound Vaultは、ネットワークエリアストレージデバイスとネットワークアクセス可能ストレージデバイスを兼ねています。その結果、ユーザーは直接リッピング以外の方法で、BluOS内部記憶装置にファイルを追加することができる。また、ファイルを削除したり、メタデータタグを編集したりすることもできます。ユーザーは定期的にBluOSストレージデバイスに接続し、データの損失を防止するためにデータのバックアップとダウンロードを行うことを強く奨励します。

    シナリオ

    以下の手順は、BluOS Internal Storageのハードドライブに接続してアクセスして、ファイルを追加したり、ファイルを削除したり、ファイルメタデータを編集したり、コンテンツをバックアップしたりすることで、非常にまれなハードディスクの障害時にデータが失われないようにするためのガイドです。

    構成

    BluOS内部記憶装置は、ネットワーク領域記憶装置として使用されます。Windows Explorer または OSX Finder では、ネットワークデバイスとして表示されます。[共有]フォルダをダブルクリックして[共有]フォルダを選択して接続することもできます。表示されない場合は、BluOS アプリのプレーヤーのIPアドレスを探します。プレイヤーを選択し、Help、Diagnosticsを押します。プレーヤーのIPアドレスに注意してください。Windows Explorer では、\\Vault-IP\Shared と入力します。ここで、Vault-IP は指定したアドレスです。OSX Finderで、Go、Serverに接続を選択し、「cifs://」と入力し、PlayerのIPアドレス、すなわち「cifs://192.168.1.XXX」と入力します。プロンプトが表示されたら、[共有]フォルダを選択します。ユーザーIDを求めるプロンプトが出された場合は、ゲストとしてログインします。

    「ミュージック」と「リップ」の2つのフォルダが表示されます。リップスは、CDをWAVファイルとしてリップし、FLACまたはMP3に変換して削除する作業ディレクトリです。

    ミュージックディレクトリ内のファイルはすべて、アプリからインデックスされ、再生されます。Pプレーヤーにファイルをコピーして、簡単にアクセスできるNASとして再生する場合は、ファイルをインデックスと再生のためにこのディレクトリに保存する必要があります。コピーしたら、再生のためにアプリにファイルが表示されるように、Vaultを再定義する必要があります。

    プレーヤー上のファイルをバックアップするには、PC または Macintoshに外部記憶装置を接続し、Music フォルダの内容を別の場所にコピーします。Bluesoundは、ハードディスク障害のまれなケースでファイルの損失や破損を防ぐために、すべてのユーザーが定期的にデータをバックアップすることを強く奨励します。

    「プレイヤー」からトラックを削除するには、望ましくないトラックを削除するだけです。完了したら、次の項目を選択してください。完了したら、アプリの[設定]の[ミュージックライブラリー]セクションで[インデックスの再構築]を選択してください。 インデックスが完成すると、ファイルは再生のためにアプリのディスプレイから削除されます。

    BluOSを使用してCDをリップするときに、ファイルをFLACとMP3の両方としてエンコードすると、MP3と呼ばれる3番目のディレクトリも作成されます。これは、ミュージック・ライブラリー・インデックス内のファイルを重複しないためです。

    プレイヤーへのファイルのコピーが完了したら、「アプリ」で「設定」、「ライブラリ」、「ミュージックコレクションの再インデックス」を選択して、これらの変更を処理します。

  • Question  6:
    NAS、PC、iTunes shared Musicの音楽をBLUESOUNDに接続する方法をおしえてください。

    A  6:

    ネットワークシェアの追加

    Bluesound Playersは、既存のデジタル音楽ライブラリからWindows SMB File Sharing (SAMBA)を使用して、ネットワークを介して音楽を取り出します。ただし、ネットワークの共有が有効になっていることを条件とします。パソコンでのファイル共有を可能にするために、以下のヘルプセンターの記事を参照してください。

    ただし、Bluesoundプレーヤーをライブラリに指し示す必要があります。そのためには、スマートフォン、タブレット、またはPCでBluOS Appを開きます。

    • 「Rooms Drawer」から任意のプレーヤーを選びます。
      • 有線LAN接続のプレーヤーは、Wi-Fiのみで接続されたプレーヤーよりも速くインデックスを送ります。
    • 「Navigation Drawer」から、「設定」「MUSIC LIBRARY」「Network Shares」を選択します。
    • 「Find network share」を選択します。
    • ミュージックフォルダー名で必要なすべての共有を確認し、「Add selected shares」をクリックします。
    • 共有したいフォルダーが表示されない場合、「Enter share manually」を選択します。
    • 「Enter share manually」を選択した場合、「\\{name-of-computer}\{share-path}」をEnter Share Name欄に入力します。
      • {name-of-computer}は、NetBIOS名またはコンピュータのIPアドレスで置き換えることができる
      • {share-path}共有フォルダ(および任意のサブフォルダ)を入力します。
    • 必要に応じて、ユーザーとIDとパスワードを入力します。
    • 「Add network shares:ネットワークシェアの追加」を押します。
    • 再インデックスが自動的に開始されます。
    • Bluesound プレーヤーの再生/一時停止ボタンが青色から白色に変わります。
    • 進捗状況は選択したプレーヤーのナビゲーションドロワーで確認できます。
    • インデックス付けが完了すると、再生/一時停止ボタンが青色点灯にに戻ります。ナビゲーションドロワーの「Library」を選択して、コレクションにアクセスしてください。

    ネットワークシェアの設定が完了すると、Bluesound プレーヤーはバックグラウンドで、新しい音楽ソースに接続したネットワーク上の他のすべてのBluesound プレーヤーに通知します。

    ネットワークシェアの削除

    Bluesound プレーヤーから既存のシェアを削除するには、スマートフォンまたはタブレット上でBluOS アプリを開きます。

    • ルームスドロワーから、任意のプレーヤーを選びます。
      • Vaultが有線LAN接続であるためインデックスが最も速く、インデックスの一部をローカルにホストします。
    • Vaultがネットワークにない場合、有線LAN接続プレーヤーは、Wi-Fiのみで接続されたプレーヤーよりも高速にインデックスします。
    • ナビゲーションドロワーから「設定」「MUSIC LIBRARY」「Network Shares」を選択します。
    • 接続されたシェアのリストから、削除するシェアを確認し、「Remove selected shares」をクリックします。
    • 再インデックスが自動的に開始されます。
    • Bluesound プレーヤーの再生/一時停止ボタンが青色から白色に変わります。
    • 進捗状況は選択したプレーヤーのナビゲーションドロワーで確認できます。
    • インデックス作成が完了すると、再生/一時停止ボタンが青色点灯に戻り、シェアの内容がナビゲーションドロワーのLibraryから削除されます。
  • Question  7:
    BluOS PlayerへのBluetoothオーディオのストリーム

    A  7:

    シナリオ

    BluOSは、Bluetooth対応のスマートフォン、タブレット、またはコンピュータが音楽をBluOS Playerにストリーミングできるようにします。これで、Pandora®、Sirius/XM®、Apple Music®、TDC Play®、およびBluOSシステムに多くのサービスをストリーミングできます。この音楽は、ひとつの部屋で再生したり、他の部屋と一緒に再生したりして、自宅全体で楽しむことができます。

    Bluetoothの使用方法

    Bluetoothを使用するには、Bluetooth対応の制御デバイス(スマートフォン、タブレットまたはコンピュータ)に「ペアリング」する必要があります。詳細については、お使いのデバイスのBluetoothペアリング手順を参照してください。接続可能なデバイスのリストにBluOS プレーヤーの名前と「BT」が表示されます。(例: Kitchen BT, Living Room BT, Vault BT)

    Bluesound PULSE FLEX プレーヤーは部屋名に対応しませんが、以下のデフォルト名に基づいて表示されます。「PULSE FLEX aaaa BT」(aaaaはプレーヤーの下部に表示されているプレーヤーのMACアドレスの最後の4文字です。)

    • デバイスのBluetooth設定(例:KitchenBT)で名前を選択して、スマートフォン、タブレット、またはコンピュータをBluOS プレーヤーと「ペア」します。
    • BluOSアプリで、プレーヤードロワーを開き、接続するプレーヤーを選択します。
    • ボリュームを希望のレベルに調整します
    • スマートフォン、タブレット、コンピュータで音楽ソースを開き、音楽を再生する
    • 他のソースに戻るには、ナビゲーションドロワーでそのソースを選択します。

    Bluetoothストリーミングした楽曲を他のBluOSプレーヤーにグループ化したい場合は、プレーヤードロワーを開き、「グループ化」のボタンを押すだけです。「+」キーを使って他の部屋を選択し、「Done」を押してください。ボリュームを調整してお楽しみください。

    BluOS Bluetoothの設定

    プレーヤーをBluetoothに接続して選択した状態で好みのBluetooth方式を選択するには、ナビゲーションドロワーで「設定」メニューを開き、プレーヤーを選択し、「Customize Source」、「Bluetooth」の順に選択します。

    4つのモードが利用できます。

    マニュアル:
    Bluetoothをローカルソースとしてナビゲーションドロワーで切り替えることができます。

    オート:
    接続されているBluetoothデバイスがオーディオの再生を開始すると、BluOSが自動的にBluetoothを再生できます(デフォルトオプション)。

    ゲスト:
    オートと同様に、接続されたデバイスがオーディオの再生を開始すると、Bluetoothはソースとしてプレイヤーで起動されますが、BluOS内のソースを変更すると、Bluetooth接続が切断されます。これは、Bluetoothをナビゲーション・ドロワーのローカル・ソースとして反映しません。この構成は、複数のデバイスがリンクして再生を提供したい状況に最適です。

    無効:
    これにより、プレーヤーのBluetoothレシーバーがオフになります。

  • Question  8:
    BLUESOUNDプレーヤーの電源を切るにはどうすれば良いでしょう ?

    A  8:

    私たちは、皆さんがBluesoundで好きな音楽をいつでも聴くことができるよう、望んでいます。だからこそ、Bluesoundプレーヤーは、部屋に入ってきたらいつでもBluOS アプリで音楽を再生できるよう設計しました。

    Bluesound プレーヤーは、アイドル状態でコマンドを受信するのを待つ間、スイッチやルーターなどの他のネットワークコンポーネントと同様に、ほとんど電力を消費しません。音楽を聴いていなくても、すべてのプレイヤーは自宅の他のプレイヤーともつながり続けます。Gen2プレーヤーは、アイドル状態から15分後に自動的にパワーセーブモード(6.0W未満の電源)に入ります。このモードでは、プレーヤーはエネルギーを節約しますが、アプリのコマンドに応答し、ネットワーク上で利用できます。

    節電が非常に重要であるか、またはあなたが旅行中の時のようにプレイヤーが長期間使用されない場合は、再生/一時停止ボタンを5秒以上押し続けてプレイヤーをバケーション・モードにすると、消費電力は0.5W以下になります。バケーション・モードでは、すべてのネットワークアクティビティも停止し、プレーヤーはアプリに表示されず、アプリのコマンドに応答しません。 再生/一時停止ボタンをもう一度押すと、プレーヤーはレディモードに戻ります。

  • Question  9:
    BLUESOUNDプレーヤーをホットスポットモードにリセットする方法を教えてください ?

    A  9:

    ワイヤレス・ブルーサウンド・プレーヤーをホットスポットモードに戻すには、3つの方法があります。

    アプリで

    BluOSコントローラーアプリで、ナビゲーションドロワーの「Help」メニューを開きます。(もしくはWindowsまたはOS X用のBluOSアプリの「Player」プルダウンメニューの「Configure Player」を開きます) 「Diagnostics」ページで、下部の「Force Hotspot Mode」を選択します。すぐに保存されているワイヤレス設定が消去され、再生/一時停止ボタンが緑色に点灯し、ネットワークからプレイヤーが削除されます。

    プレーヤーの移動

    現在設定されているルーターがオフになっていたり、プレーヤーが範囲外の場所に移動したなどして範囲内にない場合、Bluesoundプレーヤーは設定されたルーターに5分間再接続しようとします。 5分経ってもルーターが見つからない場合、プレーヤーはデフォルトのホットスポットモードに戻ります。

  • Question 10:
    BLUESOUNDはMQA対応ということですが、フルデコードですか、コアデコードのみですか?

    A 10:

    BLUESOUNDは全モデルフルデコードで、192kHz/24bitまで対応しています。

  • Question 11:
    NODEシリーズに使用されているD/Aコンバーターを教えてください。

    A 11:

    何れもバーブラウンの384kHz/32bit(*)D/Aコンバーターで POWER NODE 2i は、PCM5242、NODE2i とVAULT2i はPCM5122を使用しています。(BLUESOUNDで再生可能なフォーマットは最大192kHz/24bitです)

  • Question 12:
    BLUESOUNDはROONに対応していますか

    A 12:

    BLUESOUNDは、全モデルRoon Readyのネットワークプレーヤーです。

  • Question 13:
    BLUESOUNDは、AMAZON MUSIC HDにフル対応していますか

    A 13:

    BLUESOUNDは、最大24bit/192kHzのULTRA HDまで対応し、ダウンコンバートすることなくハイレゾ音源をお楽しみいただけます。

©︎ Copyrights PDN Inc. All rights reserved.

Bluesound

Wireless Speaker

PULSE FlEX 2i

PULSE MiNi 2i

PULSE 2iBP100

Wireless Stereo Component

NODE 2i | VAULT 2i

POWERNODE 2i

FAQ

MartinLogan

Masterpiece series

NeolithRenaissance ESL 15A

Cassic ESL 9

ElectroMotion series

ESL X

FAQ
FAQ
FAQ
FAQ
FAQ
FAQ